忍者ブログ
投資、不動産、税金、相続、子供の教育資金、住宅資金、老後の生活、年金、さらにはお小遣い稼ぎのことまで!お金に関するありとあらゆる情報を発信します。 お金に関する知識を身につけて、自分にできる限りのことをやってみませんか?

忍者アド
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
リンク
カテゴリー
最新コメント
[06/02 す~]
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ごーる
性別:
男性
自己紹介:
ファイナンシャルプランナー有資格者が、お金、経済、ライフプランについて考えるブログです。
バーコード
RSS
ブログ内検索
アーカイブ
最古記事
フリーエリア
P R
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 皆さん、こんにちは!

 今日は、流動性預金について書きます。

 流動性預金の種類として、

 
 1. 普通預金

 2・ 総合口座

 3 通常貯金

 4 総合口座

 5.貯蓄預金・通常貯蓄預金


 があります。

 1の普通預金については、おなじみですので、今更説明はいりませんね。
  前回説明した、マル優が利用できます。

 2の総合口座は、普通預金に定期預金や公社債がセットされたもので、それらを担保として融資が受けられます。定期預金を担保とする場合の融資限度額は預金残高の90%まで最高200万円、融資利率は定期預金の約定利率+0.5%とする銀行が一般的。

 3の通常貯金は、郵貯銀行のものです。つねに手数料無料で引き出せるのがいいですね。
  マル優は利用できません。 

 4 貸付金額は貯金残高の90%以内で1つの通帳につき最高300万円まで。
   貸付利率は定額貯金を担保とする場合は、返済時の定額貯金の利率+0.25%、定期貯金の場合は約定利率+0.5%。このほか、国債も担保にできます。

 5 残高が基準残高以上の日は普通預金や通常貯金を上回る金利が適用される。

  基準残高は(10万円、30万円、50万円、100万円、300万円、1000万円を境として7段階の金額階層金利を設定するなど)

  マル優利用できます。
PR
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL
コメント:
パスワード:
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック :
ランキング
コガネモチ
更新予定
   月曜日  税金関連  火曜日  相続関連  水曜日  不動産関連  木曜日  保険関連  金曜日  ライフプランニング関連(教育、住宅、老後など)  土曜日  投資関連 (資産運用、金融商品など)  日曜日  お小遣い・副業・その他関連      上記のスケジュールで、記事を更新していこうと思っていますが、記事に困った場合は予定変更するかもしれません(;^ω^)
[PR] 忍者ブログ [PR]
ブログテンプレート